亡くなってから葬儀まで/日暮里駅台東区司法書士の相続・遺言ブログ

身内が亡くなってから葬儀までの期間はどれくらいが一般的なのですしょうか。平均的には4日くらいが一般的で、季節や地方によっても若干の差はあるようです。亡くなった後は、病院から自宅や葬儀社などの安置先に搬送され故人が安置されます。その後に葬儀社と葬儀の日程や内容を決めて、納棺、通夜、葬儀という流れになります。

なお、亡くなってから24時間以内に火葬することは、「墓地、埋葬等に関する法律」の第3条によって禁止されています。ただし、妊娠七箇月に満たない死産のときは例外となっています。24時間以内の火葬が禁止される理由は、蘇生する可能性があると昔考えられていた時代の名残と言われています。現代の医学では蘇生する可能性は極めて低いようですがね。

お葬式等がひと段落してくると、今度は相続についての悩み等が出てきます。あれこれ面倒な時は、専門家に相談するのがお勧めです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です