専業主婦の離婚 1/日暮里駅台東区司法書士の相続・遺言ブログ

専業主婦の方が離婚する場合、離婚後の就職などが不安だったりしますよね。

まずは離婚時にお子さんがいる場合は、極力、養育費の支払いの約束を公正証書による離婚協議書や調停調書などで債務名義となる書面にしておきましょう。お子さんが成人するまで、毎月、養育費として支払われるので、離婚後の金銭面において非常に重要な要素となります。債務名義にしておけば、前夫の支払いが滞った場合は、給与債権などを強制執行することができるのです。金額の目安は算定表が、裁判所のホームページに掲載されていますので参考にしてみてください。

それから、なるべく支出を少なくする工夫も重要ですね。
まずは保険の見直しですが、今、毎月支払っている保険が本当に必要なのか再検討してみてく下さい。日本の国民健康保険制度は非常に手厚いので、民間の医療保険に入ってなくても、問題とならない場合がほとんどです。高額医療制度を用いれば、自己負担は本当に少なくてすみます。
次に通信費ですが、毎月のインターネット光回線と大手携帯キャリアを解約して、楽天モバイル1本に集約するのがお勧めです。テザリングが無制限なので、「モバイルwifi無制限+スマホ通信無制限+通話し放題」が楽天モバイルで約3、000円のみに節約することができます。
 この辺りの家計の相談なども、当事務所ではFPとして承りますので、お気軽に御相談ください。

それ以外にも、収入のことなどが有りますので、また別の機会にお話ししたいと思います。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です