FPの資産運用/日暮里駅台東区司法書士の相続・遺言ブログ

今回は、私が実際に行っている資産運用のお話をしたいと思います。私がやっているのは、すごく無難なもので、積み立てNISAとiDeCoです。通常は投資による利益には20%程度の税金がかかるので、国が用意してくれた非課税制度は使うにこしたことが無いと思うのです。積み立てNISAとiDeCoによる利益は概ね非課税になります。

積み立てNISAは、毎月一定額の投資信託をコツコツ購入していくもので、年間最大40万円で非課税期間が20年の国の制度です。

iDeCoも同様に毎月一定額の投資信託を購入したり、定期預金として積み立てていきますが、60歳になるまでは、現金化できずに退職金や年金の位置づけになっています。税制優遇も積み立てNISAとは異なっていて、毎年の所得税と住民税が軽減されるしくみになっています。受け取り時については、退職所得控除あるいは公的年金控除の範囲で非課税となります。注意しなければならないのは、60歳よりも先に会社の退職金を受け取った場合に、退職所得控除を既に使ってしまっているので、非課税枠が少なくなってしまう点です。iDeCoを受け取った後に、5年後に会社の退職金を受け取ると退職所得控除を再度使用できるので、お得になります。

また、NISAとiDeCoの中で、何を購入しているのかというと全世界株式インデックスの投資信託です。全米株式か全世界株式のどちらかを購入しておけば、20年後に利益を得る可能性は高いと思ってるのですが、特に全世界株式を購入している理由は、「どこかの国の成長が衰退したとしても、全世界としては成長し続けるはずだ」というのを信じれるからです。ただし、投資にはリスクもありますので、投資をされる場合にはご自分でもよく検討して、自己責任でお願いいたしますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です