みなし相続財産とは/日暮里駅台東区司法書士の相続・遺言ブログ

みなし相続財産という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

民法上で、みなし相続財産という言葉を使うことがありますが、次の財産のことを言いまして、
  民法上の相続財産=相続開始時の財産の総額+相続人が贈与を受けた総額  となります。

相続税の話では、みなし相続財産とは、民法上は相続財産ではないが、相続税を課税される財産のことを言ったりするようです。

例えば、死亡退職金や生命保険金がこれにあたり、被相続人が死亡したことによって、相続人が財産を直接に受け取るので、民法上は相続していないのですが、相続税が課税されます。

なお、税金の専門は税理士になりますので、税金の御相談は税理士に御依頼して頂くことになります。

司法書士の専門は登記ですので、登記でお悩みのことがあれば、ぜひ司法書士まで御相談下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です