遺言書の検認/日暮里駅台東区司法書士の相続・遺言ブログ

 遺言書は原則として、偽造や変造を防止するために、相続の開始を知った後、遅滞なく裁判所に提出して検認を請求しなければなりません。ですが、例外がありまして、公正証書遺言については検認を受ける必要がありません。公正証書遺言は公証人が介在するので、遺言の偽造や変造の恐れがないからですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です