相続の遺留分について/日暮里駅台東区司法書士の相続・遺言ブログ

 遺留分とは、被相続人の意思によって一定の推定相続人に相続しないように、他人に贈与したり、遺言書によって相続できないようにしたとしても、その相続人から奪うことができない相続分のことを言います。例えば、被相続人がドラ息子に財産を相続させたくないと思っても、一定の割合だけはドラ息子は相続分をもらえるわけです。といっても、相続財産そのものを渡せと言えるわけではなく、それに相当する金銭を請求できるにとどまります。この辺りは近年の民法改正によって変わったところですね。
 なお、配偶者、直系卑属、直系尊属には遺留分が有りますが、兄弟姉妹には遺留分がないことに注意しましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です